我が家のダックスたち.


  • ミラ・・・シェーデッドクリーム

    5㌔前後で小柄な女の子

    性格はあっさりで甘え上手

    みら

    アロー・・・ブラックタン

    6㌔前半で骨格のよい男の子

    性格は素直

    . アロー

    ブルー・・・シェーデッドレッド

    7㌔ちょっとの男の子

    性格はおっとりで我が家の古株

    . ブルー

    モニカ・・・チョコクリームダップル

    6㌔後半で大柄な女の子

    性格はおっとり見えるが芯が強い

    . モニカ.. .

2019年8月 7日 (水)

ブルーの診察

火曜日はブルーの診察でした。

元気なので薬だけでいいかな~~と迷ったけれど心雑音のチェックは大事だし、久しぶりに院長先生にお会いして話したいなぁ。

外は暑かったけどリュックに保冷剤を入れて日傘もさして行ったからブルーちゃんは大丈夫。

今日の診察は心雑音はいつもと変わらず動悸もないし、家では咳も出てないということで問題ありませんでした。

体重はまた少し減ったけど、元気なので気にしません。

食欲もあるし嘔吐もないことを伝えると、心臓から腎臓の血液循環がしっかり機能していますね、と。

背中にイボのようなふくらみがあって、ドンドン大きくなって黒豆くらいになってたのを見つけたのが一ヶ月前。

持っていたオゾンクリームを何回か塗っていると少し小さくなって、ある日、小さな穴が開き手で絞るとニュルニュル~と乳白色のドロドロが出てきました。

粉瘤腫(ふんりゅうしゅ)と言うそうです。

脂肪の塊ですね。

オゾンクリームを塗ったのが良かったみたいで、粉瘤腫には効果があるそうです。

.

そうそう、院長先生に聞かなきゃ、ってことがありました。

11月に山方面に旅行にけれどレストスピラ予防の入った9腫ワクチンを接種したほうがいいか聞きました。

大自然の山や水辺などで自在に駆け回って勝手に何処でも遊ぶような犬だと、例えば鹿の糞を食べたりしてレストスピラという菌に感染することがあるようです。

飼い主の傍で歩いたりカヌーに乗ったりバーベキューをしたり、その程度ではまず感染はしません、と。

それと、ブルーは高齢なので9種のワクチンはしないほうが良い、狂犬病の接種も自分なら勧めないと。

他の3ワンも5種のままで大丈夫です。

しっかし説明してもらいました。

このあと恒例のオゾン注腸と酸素カプセルをやって帰りました。

そして翌日。

私の体調が悪い。

風邪からくる下痢で腹痛がぁぁ。

みんなは元気で朝からごはんごはんと顔を攻めてくるけど、ごめん~~。

結局、仕事を休み11時まで寝てました。

今日も猛暑です。

院長先生にも言われたけど、水分しっかり取らなきゃね。

スープとか美味しいもの作ってあげよう。

.

鶏ガラスープ野菜入り

P8073114
.

サツマイモとチーズのササミサンド

P8023111.

.

冷房と扇風機をかけて窓を二箇所すこし開けて過ごしました。

心地よい風が通って快適でした。

P8073121

2019年6月14日 (金)

元気なブルーちゃん

ドッグフードは嫌いだけど手作りは食べてくれるから張り切って作ってます。

ただいまヒートで発情期のミラちゃんは、ブルーを追いかけ回し気を引こうとしてブルーは迷惑そうな素振りを見せながらもトコトコ一緒に歩く姿も微笑ましい。

宅急便が届けば、大きな声でワンワン!

ベランダにも今はスロープなしで上り下り、薬が嫌いで逃げ足の速いこと速いこと(笑)

目の前の障害物は容赦なく踏みつけて、足の上もグリグリと力強く踏んでのっしのっしと歩く。

可愛すぎるね。

ブルーちゃんのドッグフード離れが続き、暫くはトロリとこねたドッグフードをお口にポンでした。

それでも自分で食べてほしくてフードを探し見つけた新しいドッグフード。これなら食べるかな

砂肝ふりかけをトッピング、牛乳をかけてあげてみました。

食べるかな

どうかな、食べるかな。

食べてます。

食べてくれた!.

いまのところ新しいものは、とりあえず食べるけど続かないんだなぁ。

でも奥の手があるからあまり気にしません。

トロトロにして指ですくったりシリンジを使って口に入れてあげます。

栄養がしっかり取れて安心安心。

自家製ジャーキーは大好物です!

.

数日前、薬と診察で病院に行きました。

心拍数も落ち着いていて心雑音も進んでいません。

白内障は相変わらずごく軽い。

たまにコンセントの突起にぶつかることを言うと、

それは老眼ですね、近くの物が見えにくいんです。

体重は少し落ちて5.98キロ。

院長先生が“老犬は骨密度も少なくなってくるし筋肉も落ちてくるので体重減るのは当たり前です、人間と一緒”

そして“カルシウムは取ったほうがいいのでシラスと卵を混ぜて焼くと美味しいですよ”

“豆乳もいいです、それも調整のほうが飲みやすい味になってますから”

院長が食事のアドバイスしてくれて嬉しかったです。

.

家では今までスロープでベランダ出入りしてたのが、今は何も無くても駆け上がること。

私のお出迎えは廊下を走って足元で垂直にジャンプすること。

散歩も2キロくらいなら普通にあるけること。

おう吐下痢は一度も無く、咳いわゆるコンコンは聞いたこと無いですが、ほんのたまにタンを出すような、ケッみたいなの1回するだけです。

こんな家での様子を伝えると、

“身体の状態もとても良いです。クレアチニンも安定してますから診察は1ヶ月後で良いです”

.

ブルーちゃん良かったね!

2019年5月28日 (火)

久しぶりの酸素カプセル

ブルーちゃんの薬をもらいに行きました。

薬だけなら日曜でいいんだけど院長先生に診察してもらいたくて予約が取れた平日に仕事を休んで行って来ました。

体重は少し落ちて6.06キロ。

最近、食べないんです。。夜は完食してもっと欲しいと寄ってくることもあるんですが。

“体重は増えたり減ったりするので、また増えることもあります。”

.

BUN(尿素窒素)が高いけれど、おう吐は無いので腎臓の調子が悪くて食欲が無いとは思えないんですが。

“BUNが高くてもクレアチニンの数値のほうが重要で、クレアチニン値が1.5なので腎臓は大丈夫です”

“食べたいものを食べたいだけ食べさせていいです”

“オヤツ的なものでもいいですよ”

.

不整脈は今日はありませんでした。

心雑音も心拍数も従来と変わらず維持してました。

やっぱり院長にいろいろ聞くと安心するんですよね。

これからは栄養とか深く考えず食べたいものを食べたいだけあげるようにします。

.

高齢になると病気になったり、悪いところが無くても衰弱したり、殆どの飼い主が経験するわけだけど、先月までこうじゃなかったのに、、とか半年前はバンバン歩いてたのに、、とか、いろいろな面で容赦なく老いていく。

元気なアローが走ってブルーにぶつかりブルーがこけて、その横をモニカが通り過ぎ、やっと立ったと思ったらアローの尻尾でホッペをブンブンされる。

そんなブルーちゃんを一番に守るのが私の役目です。

.

今日はリハビリ坂をスタスタ登ることが出来ませんでした。

ここで止まっちゃったね~

P5282909
.

ここでも。

完全にお腹がついちゃってます。

P5282913
.

自分で登ってきたことにしようね~~

P5282919
.

老犬って可愛いね~

2019年2月 8日 (金)

16歳の血液検査

今日はブルーちゃんの血液検査でした。

高齢なので半年ごとになってまる2年。
15歳の後半でクレアチニンが2.6の高値(<1.8)
その後クレアチニンは正常値になったけれど今回結果は貧血ぎみが数値に出てました。
前回も低値だったのにレバーも進められたのに忘れて、、というか貧血に対して危機をあまり感じなかった飼い主の油断です。
.
.
目の状態はどうでしょうか~と聞くと、ごく軽い白内障です、と。
(えっ、ごく?ごく軽い?? そうなの~~? 酷くなってなかったんだ。。。)
あの~ちょっと前に物にぶつかったりしてたので。
それは人間と一緒で老化による視力の低下です、と。
(そうか~そうだよね、私も視力0.9だしね、若いときは2.0)
.
血液検査結果
右の緑が貧血の数値です。
左側の赤い高値はBUN・・・水分が足りてないかな、この数値は食べ物での変化が大きいので極端な話、肉を減らすと下がるといった感じかな~?
どうなんでしょうね、はんと君ママのところはどんな対策してますか?
.
まずは食材で様子を見ましょうということになり、レバーの登場です。

16歳 血液検査

.
1週間に2から3回ていど一切れ、今日から食べました。
しっかり焼いて。
みんな大喜び!
今日は牛レバーでしたが豚のほうが貧血によさそうなので次回から豚レバーにします。
4月に血液検査して貧血が改善されているか調べます。
.
今日の晩御飯

今日の晩ご飯
.

白菜とシイタケのスープ・ドッグフード・乾いた食材に熱湯をさしてご飯っぽい触感になる“ケーナインヘルス”・牛肉少々です。
.
1月に4ワンとペットショップに行った時の写真です。
なにやら後ろに
.

20190112 ペットショップ
20190112 ペットショップ posted by (C)マルタ

.

早く暖かくならないかな。

お出かけしたいね。

2018年12月31日 (月)

年納め通院

12月29日(土)はアロー&ミラのワクチン接種。

12月30日(日)はブルーの酸素カプセル&オゾン。
両日とも午後は仕事があって大忙しです。
.
アローとミラは院長先生が混んでいたので別の先生に診てもらいました。
特に問題は無く、やっぱり若いと違うな~
日曜日、ブルーちゃん診察は院長先生。
新雑音も小さいまま保っていて体重は6.34キロで減らずに安定。
“目は綺麗です”
あの~目のことなんですが白内障予防の目薬ってありますか?
“白内障を予防したり治したりする薬は今のところありません”
アメリカの目薬で【can-c】という白内障が改善されるものがあるみたいで、、、
.
院長先生は、
「ブルーに白内障はあります」
「年をとってきて身体の機能が落ちてきて、それと同時に目をたくさん使っては困る、と身体が反応するんです」
「目だけが良く見えるようになっても、心臓 腎臓、他の機能が追いついていきません」
身体の代謝に従うことです
.
あ~~~~なんて私は馬鹿だったんだ。
若い頃のように目が良く見えて走りまわれることがブルーに対して良い事ことのように思い違いしてた。
.
.
もうひとつ、左前足の一番内側にある狼爪(ろうそう)の付け根あたりから出血してたことも話しました。
4~5日ビッコ引いて心配だったけど気がつくと普通に歩いていたことを伝えると。
院長先生は、
爪が引っかかって少し剥がれたんですね。
ブルーが自分で舐めて治してますよ~(笑)
あと少しで治ります。
新しい爪も出てきてるので、そのうち古い爪がポロっとおちるかも知れません。
.
これで安心だね。
.
今年も4わんそろって年越しの日を迎えました。
わんちゃんのご馳走はオーストラリア産のサーロインステーキを用意しました。
家族みんなで一年の頑張りを労い、暖かい部屋で新年を迎えたいと思います。

PC242046

今年もお世話になりありがとうございました。
みなさまも穏やかなお正月をお過ごしください。

2018年12月 2日 (日)

ミラの膀胱炎

ミラちゃん、25(日)朝と夜に血尿がありました。

血尿と言っても血液の塊、それも薄く小さいゴマ粒大のカケラ4~5枚が尿に混ざって出てきました。
う~ん、何かな~~
ミラちゃん、11/8くらいからヒートでした。
10日くらいで出血は止まり発情期になって10日くらいすると落ち着く感じですが、もしかして子宮内の出血の残りカス?
それとも別の病気?
.
抜歯の時に頂いた抗生物質がまだ残っていたので診察日までの2日間その薬を飲ませて様子を見ました。
それっきり血尿はありません。
.
出がけに検尿を持っていくためタイミングを見ていると、ミラちゃんがポーズに入ったのですぐさま紙皿をサッといれると、、、、、、ピタッ、、、、出すのを止めてしまったではありませんか!
これにはビックリしました。
小さじ1くらいしか持って行かれませんでした。
.
写真に撮った血尿を院長先生に見てもらうと、ヒートの残りが尿に押し出されたようです。
検尿で細菌が少しあったので膀胱と子宮をエコーで見た結果、軽い膀胱炎でした。
その時は濃い黄色の尿だったけど薬を飲んで今はいつもの薄黄色の尿です。
ミラちゃん、通院が続いちゃったね。
.
最近の散歩コースは商店街の往復です。
復路だけ全部歩くブルーちゃんは往路も歩くようになりました。
.
商店街の往復で約4キロ、最近の週末散歩コースです。
.
先日いただいてきた“オゾンなんこう”ですが良く効きます。
口臭がなくなりました。
オゾン療法をしている病院ならあるんじゃないかな。

2018年10月13日 (土)

新しい薬

モニカの誕生日コメントいっぱいありがとうございます。

ケーキが届いたら誕生会をしたいと思いま~す。

.

さて、ブルーちゃんは昨日も一昨日もご飯を殆ど食べません。

今朝はフードに鹿肉レトルトのトッピングを半分食べただけ。
13:00から病院なのでバスで行ってきました。
.
心雑音は変わりなしで悪くなってません。
腎臓の血液検査は次回。
.
“何か変わったことはありますか?”
あの~昨日一昨日とろくに食べてないんです。
今朝は少し食べただけで。。
“体重測ってみましょう”
.
6.1キロでした。
“また食べなかったり体重が減ってしまうと困るのでどうしたらいいでしょう”
“ブルーは心臓と腎臓、二つの病気を持っているので酸素カプセルとオゾン療法、それと血流を良くする薬で効果が出ています”
“心臓は食べ過ぎて太らないように、腎臓は食べることで出る老廃物を少なくしようと、それぞれ機能が働きます”
.
~~(・・・だから身体が調整して食べない時があるのかなぁ、、ミラは昔からそういう時があって調整してるな、って思ったことがあります。
心臓病の子は朝食を食べないことがあるらしい(看護師さん情報)~~
.
“前回6.2から今回6.1、下がってきているので食欲が出る弱い薬を追加で出しましょう”
先生、ここでは漢方治療もありますが、ブルーに合った漢方薬を必要に応じて出してもらえますか?
“大丈夫ですよ”
.
こんな話で診察は終わり薬をもらって帰りました。
家に帰るとお腹がすいた~~と、ブルーがペロペロしてくるのでブタ肉を焼いて上げると、いっぱい食べました。
.
じゃぁ鹿肉レトルトも食べるかな?と出すと一口も食べません。
なんでかな?
少し食べてみたら、ん?これが鹿肉の味?美味しくない。。
味も素っ気もないんです。
ブルーちゃん嫌いな味だったのか???
まぁいいや、コレお値段高くて続けるには大変だし。
隣のスーパーで買った肉とドッグフードでなんとか頑張ってみます。
.
この日の午前中はみんなで散歩に行って、モニカ以外は4キロ歩いてきました。
涼しいというより肌寒いくらいでワンちゃんには最適な気候でした。
.
今日のブルーちゃん、夕食はモリモリ食べてオヤツの催促したけど何も無くてコンビニに行っていっぱい買って来ました。
さあ、食べて~~ い~ぱいあるよ~~
明日も明後日もいっぱい食べてくれますよぉにぃーーーーーーっ
.
ブルーちゃんどちらへ?

PA131565

今日も平和な一日でございました~(笑)

PA131569
PA131569 posted by (C)マルタ

2018年9月29日 (土)

ブルーの通院

今日はブルーちゃん通院日です。

9/1にクレアチニン(腎臓数値)が正常範囲(0.5-1.8)を超えて2.6に。
いきなりの高値になってしまいました。
.
心臓と腎臓は同じ循環器。
心臓は血液を送るポンプ役、腎臓は血圧を調整する役。
.
9/1から4週間飲んだ薬(フォルテコール)は血管拡張剤なので腎臓への血流を良くします。
しっかり血液を送りこんでもらった腎臓は本来の働きが今までより楽になるということです。
今の状態が気になったのでクレアチニン数値を調べてもらいました。
院長・・・途中経過なので数値が悪くても気にしないでください。
.
さてクレアチニン結果はどうかな。
クレアチニン2.6が2.2に下がってました!良かった。
.
院長・・・全体の様子はこれといった悪い所は感じられない。
むしろ心雑音が小さくなっているのでステージが下がる可能性がある。
このまま状態を保っていれば心肥大の心配もないそうです。
.
この状態で行けば4週間後の検査でクレアチニンは正常値になるかな。
ただ、正常値になっても腎臓が元通りになった訳ではなく機能低下していることには違いありません。
食べ物に気をつけて今ある腎臓を長く使えるようにいたわってあげたいと思います。
.
ごはんも今まで通りでよいと言われたので新しいフードをあげようと思います。
.
お友達のはんと君が食べているフードのシニア用です。

P9291533
P9291533 posted by (C)マルタ

療法食も扱っているけど院長は療法食は今は必要ないというのでみんなで食べようと思います。
↓乾いた状態

P9291518
↓水を少し入れてレンジで5秒くらい温めると香りが食欲をそそります。

P9291520
.

しか~し、お高いのね。。
オヤツをやめるからいいかな。
.
治療に来ているワンちゃんの飼い主さんとお喋りしてたら、みんな売ってるオヤツは与えてないんですね、ビックリ。
おいもや鶏肉、ブロッコリー、たまご、こういう食材を茹でたり焼いたりしてオヤツに与えているのだそうです。
院長に言われてそうしてるのだそうです。
うちも先日、市販のオヤツを買ってあげたら翌日ブルーが未消化で吐きだしました。
若い3ワンは平気のへいちゃんです。
.
ブルーのため、3ワンの病気予防にうちも実践しようと思います。
.
全部食べました!
このお皿は斜めに傾斜して外にこぼれたり端にたまったりしないというので買ってみましたが、いまいち。
でも、陶器なのでステンレスより食べやすそうです。

P9291532
P9291532 posted by (C)マルタ

リハビリ施設が工事中でした。
理事長先生が“もっと良くなりますよ”
“飼い主さんも楽しめるようにしましたから利用してください”と。
楽しみです。

2018年8月11日 (土)

健康で老後を迎えるために

ブルーちゃんの酸素カプセル&オゾン注腸の日でした。

外は猛烈に暑く、いつもならブルーをリュック、爪切りのアローをキャリーバッグで肩に合計12キロの重みに耐えて電車に乗るけれど、今日は2頭はやめました。
.
ほんと、こういう事情を交通機関は理解して欲しい。
.
ブルーちゃんの心雑音(6段回のうちレベル2)は一年経っても変わらず維持してます。
院長先生も言ってました“維持することは十分可能”太って心臓に負担かけないことです。
後は適度な運動です。
ただし、老犬は猛暑の散歩はやめたほうがいいと。
.
そして偶然にもアローの去勢手術をしてくれた女医先生に待合室でお会いしました。
もう辞めてしまってますが愛犬の病気治療に来てました。
『巨大食道症』と言って治ることが非常に難しい、殆ど治らない病気だそうですが、“治りました”と仰ってました。
.
病院に着いた時、時間が押してるのでかなりお待たせしますと言われましたが、この子の治療だったのかな。
理事長先生も見えてました。
やはり凄いな、この病院。
.
“病院選び”について思うこと。
ブルーが初めて発作(1歳過ぎて)を起こして24時間の大きな病院に行きました。
点滴で一泊し、翌日迎えに行くと精密検査が必要と出された見積もりは目まいがするほどで断りました。
.
数ヵ月後、また発作が起きて、近くの個人病院に行くと“脳に異常があるので精密検査”と言われ断りました。
.
同じマンションのかたから紹介されたのが“みなとよこはま動物病院”でした。
どんな時に発作が起こったかを書きとめておいたので伝えると、触診のみの診断結果は神経が過敏になっているので気圧の変化や日中わんちゃんと遊んで興奮したり、などで発作のスイッチが入りやすいということでした。
.
脳の異常でもなんでもなく過敏な神経が穏やかになる(?)だったかな、シロップを一年飲んで完治しました。
.
7歳の時、尿道から血の分泌物が出てくるようになり、みなとよこはま病院でエコーと触診の結果、前立腺が大きくなって腸がかなり押されていて筋肉でかろうじて飛び出すのを抑えている状態で会陰ヘルニア寸前です、去勢手術しましょう”と。
.
**会陰ヘルニアとは、おしりの周りの筋肉が緩んできたためにできた穴(ヘルニア孔)から腸や膀胱が脱出することです。
.
健康な時の去勢手術は進めないのがこの病院です。
今では医学も進んで、前立腺肥大では去勢せずに薬で治すことが出来ると言ってました。
.
アローも去勢しましたが、この子の場合は男性ホルモンでミラのヒート時にブルーが何度も怪我をした為です。
.
それからというもの、ブルーは病気もせず15歳も半ばに入りました。
院長先生も仰ってましたが“いろいろ出てくるのはこれからです”と。
.
***これからが治療の選択が大きく左右する***
痛いと言わないワンちゃんの状態を注意深く見ていれば、何らかのサインが出てます。
いつもと違う、これは大事なサインだと思います。
.
それを話しても“様子をみましょう”で済ませてしまう病院も数多くあるのではないでしょうか。
回りでそんな話をよく聞きます。
.
とは言っても、この病院で治らなかったら仕方ない、と思える病院がたくさんあるわけでは無いですね。
普段の食事や適度な運動、ストレスフリー、私達にできることはこのくらいです。
.
今日はひとつ書きます。
 オヤツについて・・・“添加物はガンになります”と言いきった院長先生です。
原材料は国産ササミのみ。
喜んで食べてます。

2018年6月16日 (土)

今日からフィラリア予防です

6月の土曜日は病院通いばかり。
ブルーの無麻酔での超音波歯石とり。
ブルー&アローのフィラリア検査。
ミラ&モニカのフィラリア検査。
2ワンずつ背中にリュック、右肩にキャリーバッグで12~3キロを担いで行ってきました。
来週は私の歯石とり。
翌週はブルーの酸素カプセル、とギッシリです。
.
みんな悪い個所はないそうで一安心。
フィラリアの薬はミラだけ一回り小さくて3ワンは同じ大きさでした。
6個で30%OFFです。
6月~11月、ちょうどいいね。
4ワン分で24個の3割引きは有難い。
.
秋はワクチンです。
いろいろ忘れないようにしないと。
今夜のごはんは鶏挽肉をステーキ風に焼いてみました。
3ワンはガブッとできたけど、ブルーは大きすぎて見つめてました。
すぐに小さくしてあげたらパクパク食べました。
カラッポのお皿を見ると嬉しくなります。

寝てるかな
寝てるかな posted by (C)マルタ

寝てるように見えても私が動くとみんな飛び起きます。

食後のデザートまだなんですけど~って。

より以前の記事一覧