我が家のダックスたち.


  • ミラ・・・シェーデッドクリーム

    5㌔前後で小柄な女の子

    性格はあっさりで甘え上手

    みら

    アロー・・・ブラックタン

    6㌔前半で骨格のよい男の子

    性格は素直

    . アロー

    ブルー・・・シェーデッドレッド

    7㌔ちょっとの男の子

    性格はおっとりで我が家の古株

    . ブルー

    モニカ・・・チョコクリームダップル

    6㌔後半で大柄な女の子

    性格はおっとり見えるが芯が強い

    . モニカ.. .

2021年11月27日 (土)

おなかの悪者いなくなったよ

ミラちゃんの乳腺腫瘍、術前診察で“場合によってはリンパの切除もありうる”とのことでした。

院長先生はきっと子宮を摘出したのに大きくなっているシコリに悪性の疑いをもったのかも知れない。

その2週間後の11月11日、切除手術が終わったあと院長先生は“広範囲に切除しました”とおっしゃってたのを思い出した。

リンパの切除はありませんでした。

その時はあまり気にしなかったけれど、今日の診察で納得。

.

今日の診察で病理結果が出ました。

子宮を取っても少しずつ大きくなってた左下の大きい腫瘍は悪性腫瘍だった。

悪性の場合もありうると考えて広範囲で切除した院長先生ありがとうございます。

手術は切り開いて状態を見た時、とっさの判断をしなければならない事あると思います。

我が家は院長先生にすべて託しているので、どんな場合でも信頼して預けることができます。

これって、ありがたいことですね。

今回切除した乳腺に関してはすべて取り切ったので再発は無いということです。

家に帰って病理結果を読んでみた。

次のような内容です。

●乳管上皮由来の悪性腫瘍病変が認められました。

●乳腺組織から真皮深部に及ぶ繊維性被膜で覆われた腫瘤が形成されている。

●周囲組織へ向けた浸潤性増生は認められません。

〈浸潤性増生とは、悪性腫瘍が正常組織の中に侵入するようにして増殖すること。発育速度が速い〉

●腫瘍境界は比較的明瞭で切除線には及ばず切り取れています。

●検索した範囲内では脈管浸襲〈血管やリンパ管に浸潤すること〉は見出されません。

(最初は言葉が難しくてチンプンカンプンで意味を一つ一つ調べながらでした)

.

人でいう上皮内新生物のようなものかな。

私の乳癌はステージ1、ミラちゃんはステージ0ってところですね。

女性ホルモンが深くかかわっているみたいですから、ミラちゃんは女らしい子なんだね。

ひとまず安心。

お腹の赤みが消えたらシャンプーできるよ、みーちゃん。

疲れたね、おやすみ~~

ねんねのみーちゃん
ねんねのみーちゃん posted by (C)マルタ

2021年9月 4日 (土)

3ワンの体重

今日はミラちゃんの診察日でした。

4月に子宮蓄膿症で危ない目に会ったけどスピーディーな治療によって救われたミラちゃん。

その時に発見された乳腺腫瘍のその後、2回目の変化を診察に行ってきました。

やはり僅かに大きくなっています。

親指の爪ほどの大きさですが、明らかにシコリです。

子宮、卵巣、摘出したあとは大きくならないようですが、これ以上大きくなる可能性もゼロではないので手術で取ることにしました。

それほど時間のかかる手術でもなさそうで、場合によってはリンパも切除になります。

ついでに歯石取りもお願いしました。

手術が詰まっていて9月は勿論10月も11月もいっぱい。

それでも11月に無理やり入れてくれました。

4月に手術で麻酔をかけてから、次の手術麻酔は最低でも4か月、安全の為には6ヶ月過ぎた頃からが安全とのこと。

それはどういう理由か聞いてみると。

全身麻酔は内臓機能に物凄く負担がかかり、それぞれの機能を従来まで戻すための期間がこれくらいということです。

.

ということで、手術は11月11日 わんわんわんわん  です。

体重を測ってもらうと、なんと!

ミラちゃんの体重が、4月は5.25、今日は5.65 なんと5か月で400グラムです。

院長先生“増えましたねーーー” ビックリ。

私もビックリ (とほほ。。子宮取ったら太りやすいから体重ふやさないように、って言われてたのに。。)

全員のフード量を20グラムほど増やしたせいですね。

アローは6.85、モニカは6.95 いずれの体重も増やした分だけの増加(200グラム増)

でもミラちゃん増え方がダントツ!!でした。

今日からからだ絞りますっ。

一か月で5.25まで戻します宣言!

今日の晩ご飯から減らされるのを知らない3ワンは期待で舞い上がってます。

もうすぐご飯だよ
もうすぐご飯だよ posted by (C)マルタ

アローは嬉しさが止まらない、どうしよう ~~ ってモニカの顔を舐めてます。

ミラはついさっきまで布団をひきずり回してました。

モニカはご飯の前に必ずトイレにGo!

2021年8月21日 (土)

ポリープ切除は無事終わったけれど

17日に大腸ポリープ切除をして3日の入院で19日に退院しました。

大腸ポリープ切除後 最低一週間は軽い事務仕事以外は駄目ということで 只今、自宅静養中です。

食べ物も食べて良いものしか食べられません。

重いものは腹圧はかかるので控えないとダメでムリするとまれに出血することがあり緊急処置になるというので静かに寝てばかりです。

.

ポリープは20ミリ近くあって内視鏡下の切除です。

通常5ミリ以下は取らないようです。

私の場合、一つだけと言われたのが、実際は大きいポリープの下に小さいのが隠れてたので2っ切除しました。

初見ではあくまでもポリープだけど病理には出します。

これでしばらくは安心です。

.

術後の点滴では血管が細く、5か所くらい刺したけど青あざで駄目で、手の甲でした。

そのせいか、頭痛、吐き気があって二日目のお昼は食べたけど、あとはムリでした。

しかも頭痛薬は血管が拡張するとかで飲んでは駄目と言われずっと頭が痛く辛かったな。

そんな訳で我が家の3ワンはさぞかし寂しかったろう、と思いきや初日だけであとは普通だったようです。

.

大腸ポリープは比較的ゆっくり大きくなるらしいけど、毎年の便検査で初めて再検査になりました。

なのに10か月放置してやっぱりポリープ発見。

検査で便潜血+になったら絶対検査したほうがよいですね。

本当は40歳過ぎたら一回はしたほうが良いそうです。

今回は内視鏡下の切除で良かった。

いつものことだけど、ブルーちゃんの声が聞こえてね。

(“”いつになったら行くつもりですか!いいかげんにしないと命の保障はないですよ!“”)

健康が一番。

 

外に出たいなぁ でも雨だね
外に出たいなぁ でも雨だね posted by (C)マルタ

 

 

2021年7月22日 (木)

ミラちゃん診察

子宮蓄膿症で手術してからもうすぐ4か月。

別の病院で手術したあとの説明では、乳腺腫瘍が3個ありましたがミラちゃんの体力を考え子宮摘出と同時には行いませんでした。

抜糸はかかりつけの病院に行き、その時は乳腺腫瘍らしき膨らみについては4か月くらいたった頃に状態を見ることになりました。

先週あたりミラちゃんのお腹を触っていると一番下の乳首の下が1センチ5ミリくらいの大きさで固い感じだったので少し早めの今日行ってきました。

すると3個のうち気になった1個が4か月前より大きくなってると言われ、やはり手術することにしました。

腫瘍は小さいので少し切るだけで出来るそうです。

子宮蓄膿症の手術から6ヶ月たった頃には術後体力回復し手術ができるので10月手術で進めることにしました。

あと、体重5.25キロはちょっと多いからこれ以上にならないほうがいいと言われ、確かに多めに上げてるので今日から少なめです。

ミラちゃんも早めに対応できて良かった。

コロナワクチン接種2回目の副反応については接種の翌日からの熱は2日後のお昼には下がった事は記事にしたけど、午後になって突然の目まいと嘔吐に襲われました。

乗り物酔いの薬を買ってきてくれて、それを飲んで夜にはおさまったけど翌日もシャキッとしませんでした。

4日くらい調子が悪かったです。

.

ミラちゃん今日はお疲れ様でした~

アローとモニカも留守番ありがとう~~

気持ちよさそうだねぇ
気持ちよさそうだねぇ posted by (C)マルタ

 

2020年12月 4日 (金)

アローちゃん抜歯

12/3木曜日はアローちゃんの歯石除去(全身麻酔)でした。

2週間前に血液検査を済ませ、当日は何も食べずに11時に受付を済ませました。

午後2時20分に麻酔をして4時に戻ってきたアローちゃんは、麻酔から覚めきっていません。

院長先生が連れてきてソファの上に寝かしてくれましたが、時々起きようとしてはゴテンと転んでました。

もしかしたら抜歯になるかな~と言われた歯は大丈夫で、なんと、前歯が一本グラグラしていたので抜歯になりました。

前歯のグラつき原因は歯石でした。

歯周病になると可愛そうなので、歯の一本ならセーフです。

院長先生も、「たくさん抜いた訳じゃないし前歯一本ですから、ご飯も普通に食べられますよ」

家に帰っても まだいつものアローには戻りません。

ご飯もイラナイと。

布団に横になったままで翌朝も粒のフードは食べず、レトルトも食べようとしないし、さて、困ったな。

暫くして缶詰フードを食べてくれて、一安心。

11歳の麻酔、、、ブルーは7歳の去勢だけだったし、モニカも7歳の避妊、ミラの抜歯も7歳でした。

こうしてみると高齢になればなるほど全身麻酔は体への負担が大きいということが良くわかりました。

そして昨夜、モニカの歯を見ると、前歯に歯石がたくさん付いていて驚きました。

麻酔での歯石取りは12歳だからしたくないなぁと思い、リペアンというグッズを購入しました。

これでも取れなかったら、以前ブルーちゃんが行ったことのある「犬の歯医者さん」で無麻酔の歯石除去をする予定です。

アローの様子を見ようと、今日は会社を休みました。

3日の14:20の麻酔からまだ24時間たってない今日(4日の9:00)、やっとご飯を自分から少し口にしたアローちゃんです。

その後、薬を飲んだあと 11時に“牛乳飲もうか~!”の声に反応してトコトコ歩いてきて全部飲みました。

隣で買い物して帰ると、廊下ドアの一番前で出迎えるようになったり少しづつ戻っています。

まだ、ワンワン!とはいかず、ヒーヒーと高い声です。

ミラが付き添って寝ています。

アローに付き添うミラ
アローに付き添うミラ posted by (C)マルタ

2020年11月22日 (日)

アローの血液検査

土曜日は午後からアローを連れて動物病院に行ってきました。

12月3日にアローの歯石除去をするので、今日は術前検査でした。

体重、また100グラム増えちゃった。

院長先生は、7.25キロはちょっと多いけど、体重が増えると心臓に負担がかかるので7.5キロは超えないようにと。

太ると足腰に負担、これしか気を付けていなかったけど、心臓に負担がかかる!

すっかり頭から抜けてました。

これは大変!

早速ドッグフードを60グラム/日くらい、オヤツの干し肉(ササミ100%)も、おや指大/日、今日から徹底します。

アローだけじゃなくて3ワン一緒にね。

血液検査の結果は心臓、腎臓、肝臓、蛋白、どれも正常値でした。

一つだけALKP(アルカリフォスファターゼ)が低値ですが、高いとまずいけれど低いのは問題ないそうです。

ひとまず安心。

久しぶりの病院でしたが待合室のテーブルに以前は無かった手作りご飯の本が数冊ありました。

時間も材料も料理も大変だけど、体にやさしくて細胞を生き生きさせます。

野菜を炒めたり(我が家はオリーブオイル少し)、肉や魚(骨に気を付けて)を焼くなら簡単ですね。

料理した分を減らしたドッグフードをトッピングすれば手作りで不足の栄養も補えます。

シニアになると食べることが一番楽しみだけれど、運動量が減るから、ジャーキーやドッグフードのような高カロリーを控えたいですね。

.

羊毛フェルトの羊毛を注文しました。

始めた時は何をどうすればいいのか全くわからずだったのが最近は表情の出し方や頬から鼻にかけたラインや目元のアイラインの刺し方。

少しずつ刺せるようになりました。

教材は本とYou Tube です。

早く完成して見てもらいたいのすが、まだまだ先になりそうです。

コチラは練習用です。

 

羊毛フェルト練習中
羊毛フェルト練習中 posted by (C)マルタ

羊毛フェルト練習中
羊毛フェルト練習中 posted by (C)マルタ

親子?
親子? posted by (C)マルタ

目元が難しいです。

2020年9月28日 (月)

アローちゃん病院に行く

先週のこと。

みんな元気で過ごしていたのですが、連休最終(22火)にアローの歩く様子が少し変なのです。

私に近づこうとしないし、他の子から遠ざかります。

背中を丸め、尻尾は中にしまい、息づかいがハッハッハッと呼吸も大きく動いてます。

なんだろ~ 心臓が苦しいの? それともヘルニア? でも一日なんとか歩けてます。

しかも病院は(火水)と休みで(木)は手術日なので午前だけです。

木曜日は今までのアローちゃんらしい動き方に戻ってました。

.

金曜日、院長に診てもらうと、脊椎も足も腹部も痛がる箇所はなさそうで『悪い箇所は見当たりません』ということです。

体重が500グラムも増えて7.16キロになっていてビックリ。

えぇーー? この体重じゃ足に負担もかかりますね~~減量したほうがいいですか?と聞くと。

急に落とさなくていいです、これから寒くなりますし、7キロくらいでとどまっていればいいです。

前足の戻りがすこし鈍いですね。

(足の先端、甲の部分を内側に入れて手を離すと、戻りがゆっくりの状態)

後ろ足は何ともなくて前足がどこか悪いんでしょうか?

そうではありません。

前足と後ろ足は繋がっていて、前と後ろに別れているわけではなく、4本の足で全体を支えているんです。

どこかの足に負荷がかかれば他の足でその分をカバーしようとするんです。

椎間板ヘルニアが治ったあとでも、例えば天候によって違和感を感じたり足の動きが鈍くなったりする、それもヘルニアの後遺症なのだそうです。

院長はいつもこうして、わかりやすく話してくださいます。

心臓は問題なしだったので、歯石取りを12月の予約でいれました。

それまで手術の空きがなく、日々の診察も相変わらず混んでいました。

アローちゃん何ともなくて良かったです。

.

最近 食べすぎだね、連休あけ3ワン揃って下痢ピーでした。

ブルーちゃんが居なくなってから、毎食後ブルーちゃんにお供えしたご飯を3ワンに分け与えているのですが。

ミラちゃんが残した分もアローとモニカが待っているので時々あげてしまいます。

ご飯に生肉をトッピングすることもほぼ毎日で一日の量はあまり気にしていませんでした。

なんと、モニカも7.0キロに!

今日は夏休みをとったのでいつもと違うカートで散歩に行きました。

廃棄寸前のカートを直して散歩
廃棄寸前のカートを直して散歩 posted by (C)マルタ

2020年7月18日 (土)

貴重な診察

ブルーちゃんは介護の必要も無く穏やかに過ごしています。

ベランダでたたずむブルー
ベランダでたたずむブルー posted by (C)マルタ

リビングを歩き回り、布団で横になり、トイレと水飲みを自分でします。

夜中のウロウロは殆ど無くなり、寝場所を移動してボーっとしたり、滑って起き上がれなくなる時だけクークー泣きます。

ここ数ヶ月の様子から“老衰”を感じるようになって、防げるものなら、と栄養のあるものを買っては口に入れていました。

ロイヤルカナン流動食を与えてから少し元気になったけどブルーちゃんはイヤイヤをします。

フードのトロトロは食べます。

今日はブルーの定期的な診察予約の日だったので行ってきました。

.

たくさん食べても体重は減っていき今日の体重は4.4キロでした。

院長に家での様子を伝え、触診した結果。

“老衰です。春頃からでしょう”  (この頃から体重が減り始めていました)

“悪い箇所は特にありません。腎臓の数値も低いし、心臓も落ち着いています”

 

“死は病気ではありません”

“体重も落ちて血流も少なくなり脳も衰えて反応が鈍くなりボヤーっとしてきます”

(数日前から歯茎が薄ピンクなのは血流が少なくなっていたからで、このまま自然に、です)

“今のブルーに栄養剤を取らせても体で利用しなければならないので、心臓や腎臓、など体に負担がかかります。”

“徐々に体重が落ちて、僅かでも動きやすい状態にしているんです”

“最後は水も飲まなくなると死の準備を始めています”

“今のブルーは同じ姿勢で寝ていても辛くない状態になっています”

“老衰で死ぬことは犬は辛くないです”

“上手に行ってます”  (ゆっくりゆっくり力尽きていくことを言っているのだと思います)

“このままゆっくり自然に過ごさせてください”

“フードも普通ので良い、なんでも食べたがるものを食べさせて嫌がる時は無理にあげないほうが良いです”

診察を終えて帰りました。

ホッとして何故か晴れ晴れした気持ちでした。

※※

老衰で死ぬことは犬にとって辛くない、この言葉は嬉しかったです。

だんだん衰弱していくけど、ブルーの準備を邪魔しないように普段どおりに過ごします。

院長は腕も良ければ人間性も素晴らしく、動物を尊重し、飼い主の気持ちを大切にする。

ブルーは幸せ犬です。

これからは食べたいものを食べるだけあげます。

イヤイヤしたら無理にあげない。(栄養流動食をイヤイヤしたのはきっと準備に逆らっているため?体が望んでないんだね)

これを守って自然に任せます。

ブルーファーストで我慢が多かった3ワン達にも感謝です。

.

7月17日 ベランダに出て歩くブルー

ムリヤリの食事をやめたら、なんだか行動的になって、気ままで楽しそうに見えます。

 

2020年6月30日 (火)

アローの診察

日曜日はアローちゃんの予防接種(7種)に行ってきました。

ショルダーバッグにはいってもらい肩に背負うと結構な重さで、きっと体重増えてるだろうな。

病院で計ってもらうと6.7キロで、3月から400グラム増えてました。

だから?時々座りこんだり足取りが、ん? みたいになる時があります。

院長が家での様子を聞きながら、目、首、歯、足、背中、お腹、心拍、心音、呼吸数、全部を細かく診察し終わると。

・悪いところは見当たりません。

・足もしっかりしています。

11歳2ヶ月になったアローちゃん。

ヘルニアは2回もやってしまったアローだけど触診での異常はありませんでした。

家でウロウロしなかったり最近ベランダに降りようとしなかったりするのも、体重が重くなったせいで立ったり歩いたりが疲れてしまうのかも。

院長は“減量するとしても少しずつにしてください”って。

.

家で紛失したコードレスのイアホンのことで、アローかモニカが食べたか心配でレントゲンのことを聞きました。

院長は“プラスチックとゴムは写りません”と。

“食べたとしたら便で出てくるまで待つしかないです”と。

以前、桃の種だけは、飲み込んでも出てこないから手術しかない、ということを聞きました。

ということで引き続き便のチェックが必要です。

.

まだまだ続きがあって。

前にサンプルで頂いた“アミノウォーカー”なんですが、とてもいい感じなので商品になったら頂きたいと思うんですが、と言うと。

“試して協力していただいたお陰で出来上がったんですよ。”と、2ボトル持ってきて“商品化はもう少し先ですが差し上げます”と言ってくださいました。

サプリ
サプリ posted by (C)マルタ

7月から商品化されるみたいだけど取り扱い病院専用っぽいです。

もうひとつ同じメーカーでPCVリキッドproというのがあって腎臓の毛細血管機能の改善や腎数値(cre bun)の改善です。

次回、病院できいてみよう。

アミノ酸や抗酸化、ビタミン、いろいろ必要な栄養素が不足してくると免疫力が低下するのでその子に合ったものを補ってあげる必要がある、と我が子に試して実感。

待合室で待ってる間、診察室から聞こえてきたんだけど、“血液検査が異常ないからといってどこも悪くないと思わないほうがいいです。ひとつのめやすではあるが、体の状態を知る上で最もめやすになるのは診察です。”   

我が家は院長に診察してもらい安心して帰ります。

そんなこんなで診察を終えて家に帰り、牛生肉と干し芋を上げてあっという間に一日が終わってしまいました。

来週はモニカの番だよ。

2019年10月 4日 (金)

薬が増えたぶるーちゃん

今日はブルーの血液検査でした。

結果から言うと

クレアチニンが、基準値05-1.8のところ「1.9」・・・半年前は1.5

BUN(尿素窒素)が、基準値7-27のところ「32」、、、半年前は48

これだけ見ると腎臓の数値を表す二つとも基準値をオーバーしています。

.

最初にクレアチニンの上昇が確認できた時(15歳の半ば)は2.6だったので、これに関しては下がる可能性があります。

が!! 問題は心臓です。

今日は心拍数も多いし動悸も確認されました。

院長先生はしばらく考えていましたが、『強心剤』の投与を二週間することになりました。

その薬は「ベトメディン1.25mg」心不全治療薬です。

たしか、お友達のはんと君も飲んだけど、その時、下痢と嘔吐をしたのかな。

院長先生の治療に従って、今夜からこの薬を飲ませます。

仕事で遅くなるので、15:30に初回を飲ませました。

嘔吐、下痢は大丈夫かな。。

一時間たったけど今のところ大丈夫です。

薬は、米粉をといて蜂蜜入れてフライパンで何もひかずに薄焼きにして(餃子の皮くらい)包んで飲ませました。

薬を飲ませるのに毎回チーズに包んでいたけど、塩分も気になるチーズは暫くやめよう。

この薬を試して心拍数や動悸が正常になったら「ベトメディン」はお休みするかも。

咳も出てないんだけど、心臓の働きを助ける意味での投与です。

酷くなってから飲むより少しでも状態が出たら飲んだほうが良さそうだね。

ブルーちゃん、お薬おいしく飲めるように工夫するからね。

より以前の記事一覧