我が家のダックスたち.

  • .

    ミラ・・・シェーデッドクリーム

    5㌔前後で小柄な女の子

    性格はあっさりで甘え上手

    みら

    アロー・・・ブラックタン

    6㌔前半で骨格のよい男の子

    性格は素直

    . アロー

    ブルー・・・シェーデッドレッド

    7㌔ちょっとの男の子

    性格はおっとりで我が家の古株

    . ブルー

    モニカ・・・チョコクリームダップル

    6㌔後半で大柄な女の子

    性格はおっとり見えるが芯が強い

    . モニカ.. .

« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月12日 (日)

2ワンシャンプー

日曜日はアローとモニカのシャンプーをしました。

この時期って換毛期でしたっけ?
それともブラッシングしてなかったから抜け毛が埋もれていた?
まあいいけど、アンダーコートがごっそり抜けました。
.
黒光りのアローちゃん。

シャンプー後のアロー
 

.
モニカも背中の模様が綺麗に出てます。

P8121336

先日、歯みがきしてたらミラちゃんの前歯が少し動いたんです!
焦りました。
歯ぐきの引き締めに塗り薬とか?
そして買ってしまったのが口内ケア乳酸菌パウダーです。
引き締め効果ではなかったみたい。
.
昨日ブルーの病院で院長先生に聞いてみると、
“ひっぱりっこしたりで歯がグラつくことはあります。
抜ける場合もあるしグラつきだけで暫くして治っていることもあります”と。
.
今までも知らないうちにグラついて治っていたのかも知れないなぁ。
リードは噛むし、布団の布は、ビリーーッと破いて綿を出すしね。
まさか歯ぐきの奥が歯周病?
それは無いと思うんだけどなぁ。

2018年8月11日 (土)

健康で老後を迎えるために

ブルーちゃんの酸素カプセル&オゾン注腸の日でした。

外は猛烈に暑く、いつもならブルーをリュック、爪切りのアローをキャリーバッグで肩に合計12キロの重みに耐えて電車に乗るけれど、今日は2頭はやめました。
.
ほんと、こういう事情を交通機関は理解して欲しい。
.
ブルーちゃんの心雑音(6段回のうちレベル2)は一年経っても変わらず維持してます。
院長先生も言ってました“維持することは十分可能”太って心臓に負担かけないことです。
後は適度な運動です。
ただし、老犬は猛暑の散歩はやめたほうがいいと。
.
そして偶然にもアローの去勢手術をしてくれた女医先生に待合室でお会いしました。
もう辞めてしまってますが愛犬の病気治療に来てました。
『巨大食道症』と言って治ることが非常に難しい、殆ど治らない病気だそうですが、“治りました”と仰ってました。
.
病院に着いた時、時間が押してるのでかなりお待たせしますと言われましたが、この子の治療だったのかな。
理事長先生も見えてました。
やはり凄いな、この病院。
.
“病院選び”について思うこと。
ブルーが初めて発作(1歳過ぎて)を起こして24時間の大きな病院に行きました。
点滴で一泊し、翌日迎えに行くと精密検査が必要と出された見積もりは目まいがするほどで断りました。
.
数ヵ月後、また発作が起きて、近くの個人病院に行くと“脳に異常があるので精密検査”と言われ断りました。
.
同じマンションのかたから紹介されたのが“みなとよこはま動物病院”でした。
どんな時に発作が起こったかを書きとめておいたので伝えると、触診のみの診断結果は神経が過敏になっているので気圧の変化や日中わんちゃんと遊んで興奮したり、などで発作のスイッチが入りやすいということでした。
.
脳の異常でもなんでもなく過敏な神経が穏やかになる(?)だったかな、シロップを一年飲んで完治しました。
.
7歳の時、尿道から血の分泌物が出てくるようになり、みなとよこはま病院でエコーと触診の結果、前立腺が大きくなって腸がかなり押されていて筋肉でかろうじて飛び出すのを抑えている状態で会陰ヘルニア寸前です、去勢手術しましょう”と。
.
**会陰ヘルニアとは、おしりの周りの筋肉が緩んできたためにできた穴(ヘルニア孔)から腸や膀胱が脱出することです。
.
健康な時の去勢手術は進めないのがこの病院です。
今では医学も進んで、前立腺肥大では去勢せずに薬で治すことが出来ると言ってました。
.
アローも去勢しましたが、この子の場合は男性ホルモンでミラのヒート時にブルーが何度も怪我をした為です。
.
それからというもの、ブルーは病気もせず15歳も半ばに入りました。
院長先生も仰ってましたが“いろいろ出てくるのはこれからです”と。
.
***これからが治療の選択が大きく左右する***
痛いと言わないワンちゃんの状態を注意深く見ていれば、何らかのサインが出てます。
いつもと違う、これは大事なサインだと思います。
.
それを話しても“様子をみましょう”で済ませてしまう病院も数多くあるのではないでしょうか。
回りでそんな話をよく聞きます。
.
とは言っても、この病院で治らなかったら仕方ない、と思える病院がたくさんあるわけでは無いですね。
普段の食事や適度な運動、ストレスフリー、私達にできることはこのくらいです。
.
今日はひとつ書きます。
 オヤツについて・・・“添加物はガンになります”と言いきった院長先生です。
原材料は国産ササミのみ。
喜んで食べてます。

2018年8月 6日 (月)

まだまだ暑い

日曜日も猛暑でした。

夕方に散歩に行ってみたけど、やっぱり暑くてまだまだ散歩はムリですね。
4ワンは涼しかったと思いますよ。
保冷剤をカートいっぱい入れて洋服にポケットつけてミニ保冷剤も入れたから。
保冷剤がいっぱい
 
ミラちゃんのフードにも保冷剤入れて。
ミラちゃんのフードにも保冷剤
帰りは3ワンで歩きました。
散歩嫌いのモニカちゃんはカートインです。

.
風があったけれど汗がタラタラ流れてくるのがわかります。
途中でポカリスェットをがぶ飲み。
一度熱中症になった経験があるので水分塩分取りながら帰りました。
4ワンは元気だったけれど私は少し疲れました。
.
まだまだ外出は控えた方が良さそうです。

« 2018年7月 | トップページ